お葬式の通夜や精進落としの際に料理はどこまで手を付けたらよいのか

日本人の歴史の習慣で成り立っているお葬式

この記事をシェアする

故人をしのびあの世へ送り出すお葬式

お葬式の意味は今までの人生を歩んできた故人の業績や命の重さをしのび、天上の世界へ安らかに旅ができるようにお祈りするための儀式といえます。
日本ではお葬式という形でなくなった日お通夜、翌日の法要、そして日本は火葬ですので焼き場への移動と遺骨拾い、骨箱にこれを収めて納骨するまでが大きな流れになっています。
最近は信教の自由があるので外国の宗教に倣ってお葬式を行なう場合も多く、仏教を信仰している人の場合は上記のような形でお葬式が行なわれます。
そして死後お葬式が終わったあとも初七日、四十九日、百日、初盆、一周忌と儀式は続き、節目節目に故人をしのぶ習慣があります。
それが過ぎると最近は永代供養といって、お寺とお坊さんに供養を永遠にお任せしてしまうといった形が多く見受けられます。

昔から今まで変わらぬ形で行なわれている

このようにお悔やみの儀式は今も昔も変わらぬ形で行なわれており、人類全体の風習として深く根付いております。
昔は日本も土葬がほとんどだったようですが、現代に至るまでに火葬が主流となり、仏教では人は空へかえるものという信仰が強かったため現在は火葬が主流になっています。
しかし第二次大戦終了後、日本の法律が変わり信教の自由が詠われるようになり、日本は多信教国家になっていくので現在はいろいろな形での故人のしのび方があり、埋葬の仕方もあるとして決してひとつに偏ったものではなくなってきています。
お墓に対する考え方も最近ではずいぶんと変わり、墓を持たずに納骨堂のみを持つという家も出てきています。
このように個人の弔い方は変わっていないようですが死後のしのび方は時代とともに徐々に変化しているようです。