お葬式の通夜や精進落としの際に料理はどこまで手を付けたらよいのか

お葬式に出された料理にはどこまで手を付けてよいものなのか

この記事をシェアする

人間は生まれたら必ず亡くなることになる

私達人間がこの地球に誕生してから結構な年数が経っているように見えますがそれは地球の歴史からすれば米粒程度の長さでしかありません。
そんな中、数々の時代を経て我々人類は生き延びて、子孫を作り、人間としてこの地球に存在し続けています。
そんな私達人間ですが、一人の人間が永久に生きてきたのではありません。
地球上の生物がすべてそうであるように生まれがあれば必ず終わりがきます。
地球上に登場した人間は寿命が来れば必ず死を迎えます。
これは誰も避けることはできない自然の流れなのです。
生まれた人間は成長し子供を作り子孫を残し、役割を終えたら静かに死んでいきます。
昔は4~50年程度のサイクルでこれが行なわれ、人間は命をつないできました。

人間はこの世に生まれたら全員死は訪れる

この営みは現代にも受け継がれ今この状態でもどこかで誰かが生まれ、誰かが役目を終え死んで行きます。これは人類が存在する限り永久に受け継がれていく営みであり、今まで人類が地球上で命をつないできた理由でもあります。
これは人類発祥の時代から続いており、現在にいたいるまで形こそ異なれどすべての人類が体験することであり、荘厳な儀式として死者を弔い送り出すものとして葬式という儀式が行なわれてきました。
お葬式の歴史は古く、石器時代からすでに葬式の儀式は行なわれていたとされ、宗教が出現する前から故人をしのぶ習慣があったと考えられています。
それが宗教の登場によってより厳格なものとなり現在まで各国の宗教ごとに形を変えながら受け継がれているのです。