お葬式の料理はどこまで手をつけるべき?

お葬式の通夜や精進落としの際に料理はどこまで手を付けたらよいのか

人間足るのも生まれれば必ず死あり

人間は生まれたときから寿命というものを背負って生きていくことになります。
これは人間である以上避けることができないものであり、いつかは人間には死が訪れます。
現在は少子高齢化といわれ人間の寿命も昔から比べると格段に延びましたが、それでも毎日地球上のどこかで死は訪れています。
そうして残った人たちは故人をしのび弔って代々昔から命の重さを受け継いできたのです。
これは地球上人類であれば必ず行なわれることであり、人種や宗教によっても形こそ違いますが人の一生の終わりには必ず行なわれてきたことであり、古代から現在まで受け継がれ続けてきたことなのであります。
そしてわが国日本でも人の一生が終わったときにはお葬式を行い故人をしのび、そして旅立ちへの儀式を行います。
日本では特に独特なお葬式になっており、通夜、法要、出棺、火葬、納骨といろいろなしきたりで故人を送り出します。
そして日本では葬式の際必ず複数にわたってお坊さんへの慰労と故人をしのぶという意味で料理と酒が振舞われます。
主なものとして通夜の後の食事として通夜ぶるまい、法要のあとに提供される精進落とし、火葬場に言った方に出される軽食といったものがあります。
これはすべて亡くなった故人の生前をしのぶという意味と個人があの世へ無事にたどり着けるように旅の無事をお祈りするという二つの意味があり、料理と酒でお送りしようということです。
ではお葬式で出される食事というものはどの程度まで手を付けたらよいのでしょうか。
このサイトではお葬式のマナーという点で調べてみたいと思います。